スピリチュアルの捉え方

最近、スピリチュアルにはまっている自分がいます。具体的にはお守りを集めたり、パワースポットに足を運んでみたり、占いを利用したり・・、とまあ世間一般で認識されているような、ベタなスピリチュアルなんですけどね。

でもこれが結構いい感じで、こういったことをするようになってから、ちょっと運気が上向いてきたような実感があります。恋人ができましたし、健康面の心配も皆無。仕事も絶好調ですし、人間関係も良好。

思い返してみると、以前までは毎日悩み事やストレスが次から次へとわいてきて、充実した時間を過ごすことなど、とてもじゃありませんができませんでした。

それがですよ、今では休日にしっかりとリフレッシュできるようになりましたし、その状態で仕事に取り組めるもんだから、会社での評価もうなぎのぼり。ほんと、数か月前の自分とは比べ物にならないくらい絶好調っぷりです。

やっぱ、スピリチュアルなパワーってあるんですかね。正直言って、今でも半信半疑の自分がいます。でもね、今になって思うのは、スピリチュアルっていうのは、なんというか他力本願的なことではなくて、それをきっかけにして自分から変わっていこうという、非常に前向きなメカニズムが備わっているように思うんですよね。

「お守りを持つことで、すべてがうまくいく」というような都合の良い考えをするのではなく、「お守りのパワーを得るとともに、自分でも努力していこう」みたいな感じで、前向きに取り組んでいけば、多少のことなら乗り越えられるはずです。

それが正しいのかどうかはわかりませんが、少なくとも私はそういった考え方のもと行動し、今のところ奏功しています。